2022年6月23日木曜日

終わりの在り方について①

先日発生した草加の建材店での火災。ウチの事務所から黒煙がはっきりと見えました。建材店の方やその周囲の皆さんが大事に至らないことをお祈りするばかりです。

さて昨年末頃より僕の持病ともいうべき疾患の様子が少し気になりまして、健康診断から始まり、再検査、専門医での診療や精密検査、そしてしまいには紹介状までいただき近所に出来ました東京女子医大(江北医療センター)さんにまで診療に向かう始末となりました。約半年間、かなりドタバタしていましたが、幸い大事に至らずに今を迎えることが出来ました。

おかげで4月に予定していたライブへの出演はキャンセルせざるを得ず、メンバーやライブハウスさんには大変ご迷惑をおかけしてしまいました。。。(代わりに7月末に再度開催される別イベントに出演することとなりました。ガンバロー)

それはともかく、半年もの間体調そのものは悪くはなかったものの、検査漬けの日々の中でいつ何時窮地に陥るとも限らなかったわけで、おかげで色々と考える良い機会にはなりました。

またまたマンガの話になりまして恐縮ですが、「ファブル」というプロの殺し屋が殺し屋を1年間休業する間に起こる様々な出来事をアングラな目線で描写しつつ、ときに面白おかしく表現している名作です(映画化もされているようですね)。

そんなプロの殺し屋さんがふとつぶやく、「ふつうに慣れた連中は今日と同じ明日がくるのが退屈らしいが、俺達は明日のありがたさを知っている。仕事をし、得た金で飯を食い、また明日の事を思い夜に眠る。俺達には天国だ。。。」

その通り。(そこそこ)健康に今この時を過ごせること。明日が来るかもわからない中で今日という日を大事に生きること。僕は“まだ”というか、“もう”というか今年で58才になります。そしてこの検査漬けの半年間、窮地に陥るかもしれない中で“終わりの在り方”について考えるようになりました。それは家庭のことや仕事のことや音楽活動のこと。それこそ様々です。

その中でも特に仕事のことは切実で(経済的にもね)、多くのお客様やスタッフさんのおかげで成り立っているこの会社をどうするか。個人的には正直しがみつくつもりなく、またこの会社を何が何でも世に存続させるという考えも今は、、、、ない。誤解のなきように言えばこの会社を存続させるべくより良い方法があればそれは勿論ベストだし(後継するなど)、それがベストでなければ他社さんと合併するか、はたまた閉鎖するか。それはスタッフさんとともに考えながらベストな方法を模索しつつ、あくまでも柔軟に対処してゆきたいという意味です。

終わりの在り方について、僕が65才になるまでの約7年間、少しずつ考えてゆこうと思ったことを表明しました次第です。

健康第一、その日1日を大事に生きよう。

2022年5月25日水曜日

恥を忍んで(東京地裁からの手紙)


恥をしのんでご報告。

季節は暖かいを通り越して日中はすっかり暑くなりました5月も下旬。

日中所用にて近所を自転車で移動していましたら、家内より連絡。。。

写真付きのメッセージ。

その写真には「東京地方裁判所・民事第八部」からの親展と書かれた茶封筒。

正直かなりぎょっとしました。今のところ後ろ暗いことも、よからぬこともしていないつもり。あれのことかな?これのことかな?などと疑われることも正直、、、ない(潔白である!)。

でもかなり焦って親展と書かれているとはいえ、家内に中身を見てもらったところ、

【過料決定】「会社を興してから10年以上経過しているにも関わらず、役員の選任手続きをずっとサボってたネ。あなたにペナ10万円を架します!!!」ということが難しい言語で書かれていた。

ん、なんのこと?と思いつつ、知り合いを通して司法書士さんにご相談。会社経営をしているとはいっても、起業したときはほぼ人任せ(立ち上げ時の共同経営者たちに詳しいのがいたため)。

ここまで損害保険代理店業としての地位確立と、たまたま流れに乗ってしまった医療事務代行業務の運営に必死でこういったことに無頓着でした。

司法書士さん曰く、「いやこういうことよくあるんですよネ」と優しく気遣われてしまう始末(そんなにないでしょ、他の会社経営者さんはきっときちんとしてるはず)。。。急いで役員の再登記手続きなどを行っているところです(放置しているとみなし解散として、会社なくなっちゃうらしいから)。

でもこんな恥ずかしいこと滅多にないのだろうけど、同じような目に遭う方の助けになればと恥を忍んでお知らせしました次第です。「起業したら最長でも10年以内に役員の選任手続きを届けなければならない、ホントは2年単位」とか?

何よりも東京地裁からのお手紙がそのような内容であったことに内心ほっとした。もっと物騒なことだったらシャレになりませんもの・笑

2022年4月23日土曜日

脱力

写真はかの足立区・竹の塚駅/開かずの踏切が高架化により開通した様子です。開通初日にどんな様子か見てまいりましたが、踏切がなくなったことでかえって空虚な雰囲気を醸し出していました。でもこの通り沿いを通行するのは楽になりますね。

 そんなわけでまた1ヵ月ぶりの更新ということで、さすがに4月の年度替わりは毎年のこととはいえドタバタしてしまい、落ちつきのない毎日でした。

そんな忙しい折、何を隠そう体調不良により3月末に入院をしてしまい、幸い大事には至らなかったものの、焦りに焦ってしまいました。

そんな中で習得したことがひとつ、その名も「脱力」。

今さらではあるけれど、僕に欠けていたものの一つと思われます。というよりも元々は脱力しているタイプだったのだけど(というよりボンヤリさんに近いか)、社会人となり起業をしてみるなり、山あり谷ありの中でいつの間にか常に気張って、緊張して、怒りと哀しみと抱え(演歌みたいな)、、、、。怒涛のような精神状態でいることが常でした。目標を達成するためには石に噛り付いてでもやるんだ!という。

でもそれは本来の僕の姿ではなく、元々は人から道を聞かれやすかったり、女性から人畜無害と言われたり、一家に一台いると便利な人と言われたり、そんな呑気なタイプだったのが、いつの間にか失われていたそんな性格・本来の自分を取り戻しつつあるという感じです。

『脱力中のわたし(30代前半頃)』

きっかけは今年度から来年度の目標設定を高めに設定したところ、やる気が満々過ぎて(今も目標に変わりはないが)、あまりに気張り過ぎてなかなかうまくいかず、もう知らん!と放り出したところ、それらが急転~物事が好転しだしたという、いわゆるたまたま偶然な成り行きだったのだけど、しかし肩の力を抜いて、深呼吸して落ち着いてものごとを眺めてみたり、または直感に従ってムリをせず成り行きに任せてみたりすると、自然にことが運ぶことに気づいた次第です。

自分一人では何もできないし、そもそも相手がいることがほとんどであり、それぞれに都合があるのだから思い通りに物事が運ぶわけがない。

またまたアニメ・マンガの話になってお恥ずかしいのですが、大好きな作品である「オッドタクシー」の中のコンビ芸人:ホモサピエンスの馬場クン。その馬場クンの彼女たるアイドル・二階堂さんが作中で彼のことをこう評した「負けず嫌いの私を彼は生き様で許容した。負けてもいい、もちろん勝てもいい。すべてどうでもいいことじゃないか。そう思えた」

果てしない努力や額に汗して奮闘することを否定するわけではない、石に噛り付いてでも達成したいこともある。それと脱力という言葉は矛盾している気もするけれど、それらをすべて同時に発現すること。自然に生きる、肩の力を抜いて脱力した状態でいるということが大事と気付いた。

この脱力を意識していると、自分にも周囲にもより良いことが起きてくると最近感じています(と同時に感情に任せて余計なことをしなくて済むので、周囲と軋轢を生まないという風に感じる)。

なかなか言葉にするのは難しい感覚なのだけど、また一歩人間として成長した気がしないでもないですし、そうありたいと思います・笑

以上近況報告おわり。

2022年3月24日木曜日

友人・K


社会人となってから、それも40才を過ぎてから仲良くなった友人がいる。「友人・K」その人だ。

彼とはお互いが社会に出て、様々なことに揉まれ疲弊しきった頃、とある医療機関において異なる立場で出会うこととなった。僕は保険屋、彼は看護師見習いだった。

ウマが合うというのはあるもので、価値感やものの考え方などが概ね一致し共感できた。もちろんお互いにとって譲れぬ思いや考えというのはあるので、そこはお互いに理解し合いながら尊重をするその距離感も絶妙だった。

その彼が現在苦境に立たされている。詳細は割愛するが、朝方4時頃、暑くもないのに汗びっしょりになって目を覚ましてしまうという。それがここ数日、数週間続いているというのだ。僕にも覚えがある、・・・今日は僕のことはやめておこう。

とにかくも彼のメンタル面がとても心配である。人一倍責任感の強い彼のこと、なかなかそうはいかないが、一刻も早く彼の尊厳を傷つけるものから遠ざけてあげねばならない。体調を崩してまで、尊厳を傷つけられてまでこだわって続けなければならない事など何もない。命あっての物種だ。

次のステップに向けて何か手伝ってあげることが出来ればいい。それは体面など気にすることない、恥ずかしいことなど何もないと、背中を押してあげることと今は思っている。

2022年2月23日水曜日

デイジィ本店(パン屋さんのこと)

 

今日は祝日・天皇誕生日、お仕事はいったんお休みにて。

さて家内は医療従事者ゆえ、祝日も関係なくお仕事へ出かけ、一人何をしようかと思案。

ここのところすっかりサボり気味な運動をしようと、昨夏に健康のためと購入したチャリにて午前中は近所へお出かけしてみました。最低1時間は走ろうと決め、近所とはいっても区内はやはり人もクルマも多いし道もごちゃごちゃと狭い。したがってここは比較的道幅も広い川口方面へと、「花の枝橋」を越えひたすらまっすぐに走ってみる。

そこでふと右手に目に留まったのが、かわいい店舗にポップな外観「デイジィ本店」。

埼玉県川口市を中心に10店舗以上を構える老舗のおいしいパン屋さんである。以前数回家内と訪れたことがあるのだが、地元でさすがの人気店ゆえいつも混んでいる。でも今日はまだ時間も早いし、それほど混んでいなさそうなのであとで寄ってみようと心に決める。

きっとおいしいパンを買って帰れば家族にもお喜びいただけるだろう、なんて打算もあったりして・笑

学生時代、僕はサンジェルマンというパン屋さんでながーいことアルバイトをしていた。将来パン屋さんになりたかったのだが、その夢は今のところ適わずにいる。しかし相変わらずインストア系のパン屋さんがあれば必ずと言っていいほど買ってしまうのだ。

祝日の今日、ダイエットと血糖値減少のために自転車で出かけたのに、結局パンを買ってきちゃカロリー的にもNGだと思いつつ、その誘惑には結局勝てなかった。

「20世紀少年」という大好きな浦沢直樹さんの漫画で、登場人物のマルオが息子とダイエット目的でウォーキングで出かけたのに、帰り道にラーメン食べちゃうのと同じ理屈だ。

まあまあ人生は短い。人生は残酷なのだから(「進撃の巨人」をご参照あれ)今のこの美しき世界で、大切な時間を好きな事をして過ごすこともアリでしょう(と言い訳してみる)。

2022年2月2日水曜日

新宿

サッカー日本代表がホームでのサウジアラビア戦に勝ちました。代表メンバーが集まり、わずかな期間とはいえ連携確認が取れたのでしょうか、選手たちは数日前の中国戦とは見違えるようなパフォーマンスと(素人目ですが)感じました。

そんな日の朝一番、新宿にいた僕はいたるところでベンチに座ってしょんぼりしている人、肩を落としてとぼとぼと出勤先へ向かう人、明らかにお仕事へ向かう足が止まってしまっている人を多く見かけました。
会社で辛い仕事が待っているのか、またはイヤな上司・同僚が待っている職場なのか、様々な問題を抱えているような方が目についたのです。

かくいう僕も東京海上の研修生時代は営業成績は悪いは、頭は悪いわで、毎日ガミガミ怒鳴られ、いじめられ、日々憂鬱でした。それでも3年間の研修期間をやり通せたのは“意地”の一文字だったと思います。そんなことはまあ置いておき、今も損害保険のプロ代理店としては保険会社が求めるレベルには程遠いものの、別会社の医療事務代行業務のおかげもあり、保険代理店業と医療事務代行業の二足の草鞋にて、毎日“のほほん”とやってこれてはいると思います。

だからなおさら新宿の地で明らかに元気のない人たちを見ると他人事ではない。僕らに出来ることは何もないけれど、必ず今より少しでもいい日は待っている。

乗り越えられなくてもいいし、回り道をしてみてもいい。尊厳を傷つけられるような時には逃げたっていいと思う。ただそこに立ち止まっているだけではその先の景色を見れないから。

・・・まじめな話を書いてしまった。

今日はここまでにしましょう。

2022年1月28日金曜日

ホームページのリニューアルについて


ぼんやりしている間に1月もあっという間に終わろうとしています。
少し焦ります(>_<)

そんなわけで今日はカンタンなお知らせのみ。

当社のホームページを少しだけシンプルなものにしました!(ジャーン)

実は今までのページはプロの方に制作をお願いしていたのですが、とてもプロ過ぎたため、ほんの少し修正したり、新たなコンテンツを追加しようとすると、僕のスキルでは手に負えず、つい億劫になり情報発信が疎かになってしまいました。

しかーし!一念発起にて久しぶりに一から作ってみっか!と仕事の合間合間にミニマルでシンプルで、かつ修正しやすいページを作ってみました。

それがようやく(まあまあ)完成。古いホームページから新しいホームページへのリダイレクトも(たぶん)出来た(と思う)。

これからは少しずつ、個人的に大好きなニッチな情報発信をしてゆければと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!(^^)